HOME>記事一覧>ペットが亡くなってしまった場合

ペットが亡くなってしまった場合

ペットが亡くなってしまった場合

亡くなった直後は悲しくショックな状態になっておりますが、

ペットも人と同じ、お別れの準備をしなくてはいけません。

お別れの準備についての知識は抑えておきましょう。

 

(1)遺体を綺麗にしてあげて下さい。

シースやバスタオルなどに遺体を乗せてあげましょう。

その後、最後のブラッシングや清拭をしてあげて下さい。

最後なので、いつもより丁寧に綺麗にしましょう。

 

(2)冷やしましょう。

人より小さな動物(犬、猫など)の場合は、

死後硬直がすぐに始まっていきます。

季節によって異なりますが、

約2時間前後と言われております。

なので、まずはシートの下に保冷剤を敷いてあげましょう。

また手足を伸ばしたままで硬直してしまうと、

後で折り曲げる事が出来ません、

手足やしっぽなどを身体側にやさしく折り曲げてあげましょう。

 

遺体の硬直後に、鼻や口から体液や汚物が出る事があります。

その都度綺麗に拭き取ってあげましょう。

 

(3)お別れの準備をしましょう。

身体に保冷剤やドライアイスを用いて、

頭部や腹部を中心に冷やしてバスタオルなどで包んであげましょう。

あとはお別れのときです。

最後の時間を家族と過ごして下さい。

ペットの大好物や食べ物やおもちゃを備えてあげて下さい。

きっと喜んでいると思ます。

 

(4)ペット葬儀・火葬社への連絡

上記の手順をおえて、気持ちを落ち着かせましたら、

ペット葬儀・火葬社への連絡をしましょう。

後は、業者によって様々なサービスがありますので、

家族で相談しながら進めて下さい。

 

「ペット葬儀・お別れの方法について」

人間が亡くなった場合、葬儀や葬祭はある程度決まっておりますが、

ペットが亡くなった場合は儀礼またはお別れ内容については、

決まりはありません。

ペットのお葬式や供養が一般的になったのは最近の話だからです。

なので、決まりが無い為、個々に自由なお別れをする事が出来ます。

飼い主とペットが一番良い方法でお考え下さい。

 

 

(5)届出(わんちゃんの場合)

飼い犬が亡くなった場合は、自治体に届出が必要なケースがあります。

登録時に発行された鑑札と共に死亡届けの書類を自治体、各支所や葬祭センター

などで受付をして下さい。

地域自治体に確認の上、忘れずに手続きしましょう。