HOME>記事一覧>散骨の方法

散骨の方法

近年、お墓で永代供養をしないで散骨を希望する方が増えてきてます。
散骨を考えている方へ少しでも役に立てれば幸いと思い記載します。

先ず、ご理解を頂きたいのは
日本法律の墓地埋葬法では、散骨を違法としていない事です。

日本の古来から遺体は墓地に埋葬するのが習わしではありましたが、法律で墓地に埋葬をしなければならない事は決められておりません。

ただし、遺体に関しましては必ず火葬は行わなければなりません。これに関しては、法律で定められています。

そして、散骨をする際は遺骨を粉末状にしてから行います。
粉末にする際は、ご自身でハンマーなどを使用して行うこともできますが、散骨を扱う業者や葬儀社に依頼することもできます。(費用が発生してきます)

この事を理解した上で、散骨をご希望の方へ
散骨の種類を紹介させて頂きます。

1番人気があるのは海洋散骨です。

海洋散骨は、チャーター散骨・合同散骨・委託散骨などが実施されています。

続いて人気があるのが樹木葬樹です。
樹木葬は墓地霊園などの施設で、桜や花などの植木の下に遺灰を埋めて埋葬する形式です。
樹木葬に類似していますのが、山林葬です。
業者が管理している山林で樹木葬の様に植木や土に遺灰を埋めるます。

他には空中葬も人気です。
ヘリコプターやセスナ機で、上空から海洋などに散骨します。

最近メディアなどで取り上げられているのが宇宙葬です。
宇宙葬は、遺灰をカプセルなどに納めてロケットに搭載して、宇宙空間(多くは地球を周回する軌道上)に打ち上げられています。

今後は、色々な散骨が増えていくと思いますので
紹介していきたいともいます。

最後に散骨の手順と行儀などを紹介します。

散骨手順
1.遺族の同意。
2.散骨場所の選定。
3.予定実施日の決定。
4.遺骨の粉末化。
5.散骨の実施。

散骨行儀
・遺骨は粉末状にしておく。
・平服で行い、お供え物は極力しない。
・他人の私有地には埋葬してはいけない。
・海に散骨する場合は沖合いにする事。

 

全国各地の色々な場所で散骨が行われておりますので、
調べてみて下さい。