HOME>記事一覧>要介護認定とは

要介護認定とは

要介護認定とは、それぞれの認定レベルがあります。
(下記の内容は、あくまでも目安です。)

要支援1
生活のほとんどが自分で出来るが、身の回りの世話の一部にお手伝いが必要等。

要支援2
生活の能力が下がり、何らかの支援・一部のお手伝いが必要となる状態等。

要介護1
身の回りの世話に何らかのお手伝いが必要等。

要介護2
身の回りの世話全般にお手伝いが必要。起立や歩行などに手助けが必要等。

要介護3
一部でほぼ完全なお手伝いが必要。

要介護4
ほぼ生活全体でお手伝いが必要。意思疎通の理解が困難になっている等

要介護5
生活全般にお手伝いが必要。介護する人は常時気に留めていなければならない等。

なお、厚生省がまとめた認定審査の内容はホームページで閲覧出来ます。
http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/nintei/gaiyo2.html

 

要介護認定の手続きは、

住民票のある市区町村の介護窓口か、福祉事務所などに申請します。

役所の担当者またはケアマネージャーが訪問調査を行います。

主治医または、役所の指定医の審査を行い判断します。

市区町村から認定結果が通知されます。

認定結果を基に、ケアマネジャーと話合い介護サービスの計画を立てます。

介護サービス開始

なお、結果に不服の場合は、申し立てが出来ますので
都道府県の介護保険審査会に申請して下さい。

現在は、複数の介護サービスがございます。
厚生労働省のホームページより抜粋しておりますので参考にして下さい。

 ・介護の相談・ケアプラン作成
居宅介護支援

・自宅に訪問
訪問介護(ホームヘルプ)
訪問入浴
訪問看護
訪問リハビリ
夜間対応型訪問介護
定期巡回・随時対応型訪問介護看護new

・施設に通う
通所介護(デイサービス)
通所リハビリ
療養通所介護
認知症対応型通所介護

・訪問・通い・宿泊を組み合わせる
小規模多機能型居宅介護
複合型サービスnew

・短期間の宿泊
短期入所生活介護(ショートステイ)
短期入所療養介護

・施設等で生活
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設(老健)
介護療養型医療施設
特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム、軽費老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等)

・[地域密着型サービス:地域に密着した小規模な施設等]
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
地域密着型特定施設入居者生活介護

・福祉用具を使う
福祉用具貸与
特定福祉用具販売