HOME>記事一覧>お葬式について

お葬式について

近年、故人様の色々な意向によりお葬式の種類や方法が多くなっています。
花骨が独自で調べたお葬式の種類や方法を紹介します。
参考になれば幸いと思います。

始めに、葬儀社の種類です。

葬儀専門業者
葬儀社の中で1番割合が高い業者です。
小規模企業から一部上場している大企業までございます。
全日本葬祭業協同組合連合会がありますので、約1400社の中から業者さんを調べる事が出来ます。

冠婚葬祭互助会
通称「互助会」といわれているものです。
互助会は、割賦販売法と言われる毎月の会員費で事業を展開しております。
ただし、互助会は営利団体なので、万が一の倒産も有り得ます。
その時は、積立金の半分は、保全されます。
利用を考えている方における注意点は、互助会契約をする際、契約に関する諸条件の内容や財務状況も理解すること必要となります。

JA・農協
JAまたは農協が窓口になり葬儀を行いますが、多くは葬儀専門業者と連携しており、葬儀は専門業者によって行われているようです。
独自に行っている場所もあります。

 

次は、お葬式の種類となります。

家族葬
家族や親しい友人など少人数で行います。
家族葬を行う場合、参列者だけでなく、他の方々へも、失礼のないようにお知らせをして、供花・香典などの辞退をお願いします。
家族葬は密葬と同様に思われがちですが、
密葬は、後日に改めて一般参列者を招いて本葬を執り行う葬儀の事です。

無宗教葬
告別式や追悼式の形で行う葬儀です。
焼香の代わりに献花にする事が多いです。
宗教にこだわらないで故人様の意向を尊重とした葬儀を行います。

仏式葬
仏式は、日本人のほとんどが仏式葬を選びます。
僧侶が読経をして、お焼香を行うことが特徴です。
菩提寺がある方はそちらのお寺に連絡をします。

キリスト教式葬
カトリックやプロテスタントによって違いがありますが、献花で葬儀を執り行います。
また、法要の事を追悼ミサと呼びます。

神式葬
神式では、通夜を通夜祭・葬儀は神葬祭と呼ばれています。
仏式の焼香に対して、神式では、手水の儀玉串奉奠(たまぐしほうでん)を行います。
基本、神社では葬儀は執り行いません。

市民葬・区民葬
各種の自治体が、提供してい簡素な葬儀です。
亡くなった方か喪主が自治体に住んでいる場所で執り行えます。

直葬
法律上で葬儀を行わなくても良いので、葬儀をしないで火葬を執り行う葬儀です。
ただ、その際には、死亡診断書の提出や火葬埋葬許可書などの手続きが必要となるので、葬儀社へ依頼する必要が出ます。
また、火葬時に僧侶にお経をあげてもらう事も出来ます。
このような家族葬よりも身内だけで火葬に臨まれる方が増えてきてます。
また、直葬を行った方は散骨を臨まれる方が多いので参考にして下さい。
http://kacotsu.ne.jp/kakotsuinfo/?p=31

お別れ会葬・自由葬(音楽葬など)
無宗教の方が告別式として葬儀を行う際に呼ばれる葬儀です。
ホテル葬や音楽葬などがあります。

生前葬
本人が生きているうちに執り行う葬儀です。
今までお世話になった人に、自分で直接お別れを言うこと ができるのが増えている理由です。

 

葬儀社や葬儀内容を決める際に必要となるのが

・お墓はあるか?(菩提寺があるか?)
・どの宗教・または宗派か?
・規模
・予算
・葬儀内容
などが大凡で事前に決まっていると、突然の際に
慌てずに故人様を大切に見届けられます。
お時間が空いて時などにご家族で話し合う時間を作られてはいかがですか?