HOME>記事一覧>手元供養とは?

手元供養とは?

最愛なる方に先立たれてしまった方が、

いつまでの近くで見守って欲しいと言う気持ちから生まれた供養方法です。

自宅供養とも言われます。

古来から日本人は、お墓参りをし、仏壇に手を合わせることで故人を身近に感じでいましたが、

現代の人は生活スタイルや価値観の変化でそれに適さない事や満足できないと思う方増え、

その傾向は年々増加しております。

 

・最愛なる方とはなれたくない。

・経済的理由。

・無宗教の方。

・お墓が遠方。

・供養を人任せにしたくない。

・残る家族に余計な負担をかけたくない。

・散骨をする方。

 

こう言った方々の声に生まれたのが手元供養であります。

 

手元供養の方法

・自宅にご遺骨の一部を骨壺いれる。

・ご遺骨をペンダントにする。

・ご遺骨を加工し、指輪などにし身につける。

 

遺骨についてのQ&Aはこちら http://kacotsu.ne.jp/kakotsuinfo/?p=9