HOME>記事一覧>弔花と供花

弔花と供花

弔花と供花について花骨で調べた事を記載します。
何かの役に立てれば幸いです。

先ず、意味を調べてみると

 

弔花 ちょうか
葬式などで、死者をとむらうためにおくる生花や花輪。

 

供花  きょうか
葬儀などで死者に供える花のこと。
遺族・親戚・知人・関係企業などが供える。
造花である花環(花輪)、常緑小高木の樒(しきみ)、生花が用いられる。「供華(くげ)

 

殆ど、意味合いは同じですが、近年では一般的には供花を用いる事が多く、弔花は専門用語になっています。

また、お通夜には枕花で葬儀には篭花と来合った形式もありますが、地方や風習、または宗教上で仕立て方が違いますので葬儀屋さんの意見を参考にした方が良いです。

香典辞退の葬儀であった場合に、香典の代わりに供花を贈ることもあります。

 

 

供花の依頼方法

 

供花・弔花は、宗教や地域の風習による違いがありますので、葬儀を担当している葬儀社にお願いするのが一般的です。

 

ご親族の場合、喪家は通夜前は非常に慌しい状況ですので、供花などの相談は担当葬儀社にするのがマナーです。

 

供花の打診が無い場合もあります。
この場合でも、会場と日程さえ分かっていれば、供花をお贈りすることは可能です。
その際も、担当葬儀社に注文するのをお勧めします。

 

祭壇の統一感や地域や宗派によって違いがありますので、独自に手配してしまうとせっかく供花を贈っても祭壇に飾られない場合もあります。また、「他社生花店からの供花持込はお断り」という会館もありますので気を付けて下さい。

 

白を基調に青系や紫系を混ぜるのが一般的です。
ただ、故人のお好きだった花や色を取り混ぜるのが、最近の傾向です。

香りがあっても構いませんので、季節感のある故人が好きなお花を選ばれると
故人も喜んでくれると思います。

 


IMG_0392