HOME>記事一覧>お彼岸

お彼岸

花骨が「お彼岸」について独自に調べた内容を記載します。
少しでもお役に立てればと思います。

お彼岸は、春彼岸と秋彼岸があります。

春分(3月21日頃。その年により変動)

秋分(9月23日頃。その年により変動)を中日とし、

前後の各3日を合わせた7日間をお彼岸と言います。

 

 

この期間に行う仏事を彼岸会と呼びまして、

最初の日を 彼岸の入り

最後の日を 彼岸明け と呼びます。

 

余談ではありますが、地方によっては、

春分、秋分ともに、中日で先祖へ感謝して、

前後6日間は、悟りの境地に達するのに必要な6つの心得

「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされています。

 

お彼岸の由来としては、

お彼岸は仏教用語で向こう岸という意味で、極楽浄土をさします。

 

春分・秋分の日を中心にお彼岸とされるかというと、多くの仏教では極楽浄土は西方十万億土の彼方にあると考えられています。

 

その為、春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むのが一番確認出来る日をお彼岸としました。

 

 

この仏教行事としてすっかり定着している「お彼岸」、実は日本だけの習慣なのです。

 

お彼岸の供物として作られるのは

ぼたもちとおはぎが有名です。

 

ぼたもちとおはぎは同じ物ですが、

ぼたもちは、牡丹の季節に春のお彼岸で食べるものです。

あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。

 

 

おはぎは、萩の季節に秋のお彼岸で食べるものです。

あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。

 

 

a0070_000172