線香

花骨が日本の風習や習慣で使われる線香について記載します。
何かの参考になれば幸いです。

 

お線香をお供えすること

線香の香りで邪気を払い、心身を清めるといわれ
また、香煙で仏様とお話しする事とも言われています。
他には、仏様の食事といった意味合いもあるといわれます。

 

 

線香の歴史

線香の歴史は古く、
聖徳太子の時代、推古天皇3年(595年)に淡路島に香木「沈香」が漂着したのがはじまりとなっています。
そして、江戸時代に棒状の線香になり、一般の方に普及しました。

 

 

線香の種類

線香は、杉線香と匂い線香の二種類に分けられます。

杉線香
杉の香りがする煙の多い線香で、一般的にお墓用に使用する方が多いです。

匂い線香
これに関しましては、二つの用途があります。
嗜好品として色々な場所や活動で用いられた物と
法事・お盆・仏事などに贈答用品として用いられた進物用線香があります。

 

線香の原料

伽羅、白檀、大茴香、沈香、桂皮、椨などがあります。

 

線香供え方

線香はローソクの火から点火して下さい。

線香の火を消す時は口で行わず、手であおいで消して下さい。
ろうそくも同様な消し方をして下さい。

そして、香炉に線香を立てますが、本数は、宗派によって異なります。

浄土宗は1本、曹洞宗は1本、臨済宗は1本、日蓮宗は1本です。
天台宗は3本、真言宗は3本です。

また、浄土真宗は線香を立てずに、折って火をつけて寝かせます。

 

最近では、住宅事情を考えて煙がでなく、臭いも少ない線香が出てきています。

時代によって異なる線香が普及していく中でも
風習や文化は継続していきたいです。

日本古来の「伝統」や「文化」を変革して、伝統ある中にも新しさがあるデザインや形状の手元供養の骨壷を販売しているサイト花骨
http://www.kacotsu.ne.jp

 

 

線香