HOME>記事一覧>お清め

お清め

花骨がお清めの塩について調べた事を難しい専門用語だけではなく
一般用語を用いて分かりやすく記載します。

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

仏事でお清めと言えば、

お通夜の席での食事がお清めと呼ばれる事や

火葬場で使われる清め酒、

そして、通夜や葬儀から自宅へ戻った際の清め塩があります。

お清め

 

日本人は古来、不吉な事や事故などが起きた場合

払拭する事を祈願して塩をつかって清めていました。

 

祭などの神事でも盛り塩が供えられ風習として代々伝わってきたました。

 

 

別段になりますが、

店先に盛り塩を置く風習がありますが、

1300年前の中国にて、始皇帝が牛車に乗って後宮を廻っていた際に自分の家の前を素通りしないで止まるように牛が好む塩を撒いていた逸話があります。

ここから、盛り塩は客を招くと言われ続け、店先に置かれるようになったと言わます。

 

 

 

お清めの塩の意味

 

お清めの塩は、神道からきた物で死者や葬儀は穢(けが)れと言われ、穢れを祓(はら)う時に使用していました。

この起源から葬式に参列した際にはお清めの塩で穢れを家に持ち込まない様にしていました。

また、葬儀や供養の飲食の際に呼ばれるお清めは、死の穢(けが)れを祓(はら)う意味を込めて使用されています。

 

 

 

 

お清めの仕方

 

火葬場に行かなかった人にひしゃくで水をかけてもらい、手を洗う。

一掴みの塩を胸と肩と足下にかけます。

 

 

 

お清めの塩について

 

以前から浄土真宗では死は穢(けが)れがは無いという考えから清め塩を廃止しております。

そして、その流れは、各仏教とも死は穢(けが)れが無いものとして捉えていますので廃止の方向に進んでいます。

 

現代では、葬儀社さんのサービスによって清め塩はありますが

それぞれの宗教や宗派によって変わってきます。

(会葬礼状に清め塩が無くても葬儀社さんにお話をすれば貰えます。)

 

日本特有の文化で時代が進む事により形式が変わる事が多数ありますが、葬儀関係もその中の1つです。

 

祭壇や位牌や年忌法要などは儒教から伝えられており、

戒名(法名)・火葬は仏教からきており、

黒い喪服は西洋文化からきております。

 

清め塩も昭和中期から始まったとされております。

葬儀関係は、古くからの流れを脈々と伝えていると思われがちですが、実は色々と変化が行われています。

その中で、花骨も今までに無い形のデザイン骨壷を提案して

最愛の方を亡くしてしまった方が少しでも前向きになれるお手伝いをしていきたいと思っております。

 

 

 

 

清め塩