HOME>記事一覧>十五夜 中秋の名月

十五夜 中秋の名月

花骨が独自に調べたトピアリーについての記事を書きます。
少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

十五夜とは

 

中秋の名月を言う言葉で、旧暦8月15日の月をいいます。

 

中秋とは秋の真中にあたることを意味します。

 

旧暦では7月~9月が秋にあたりますので、

秋の真中である8月15日の十五夜に月見を行う風習を

中秋の名月といいます。

 

空が澄みわたり月がとても美しく見える季節が秋とされていたため、

平安時代頃から十五夜には月見の祭事や宴が開催され

観月の宴や「舟遊び」という直接に月を見て楽しむのではなく、舟などに乗り、水面に揺れる月を楽しむ事を行い、歌などを詠んでいました。

 

余談では有りますが、

雲などで月が隠れて見えなくなることを無月(むげつ)と言います。

また、雨が降ることを雨月(うげつ)と呼んでいます。

 

 

中秋の名月は、江戸時代頃には宴から秋の収穫を感謝する祭事に変化していき、

現代は、すすきを団子や里芋を盛り、御酒を供えて月を眺めて楽しむ祭事になってきています。

すすき

 

 

 

地方によってはお供え物が多種にわたり

風土や風習によって違いが見られます。

 

 

お供え物は、食べる事が良いとされておりますので

団子やお芋はしっかり食べて宴を楽しんで下さい。

 

現代では、ハローウィンの人気が年々上がってきていますが

この時期の中秋の名月やお彼岸も人気が出て

楽しむのも良いと思います。

 

2013年は、雨月の中秋の名月でありますが

花骨では、ススキを飾り団子を飾って楽しんでいます。

 

moon