戒名

花骨が戒名について調べた事を難しい専門用語だけではなく
一般用語を用いて分かりやすく解説します。

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

 

 

戒名は、仏教において戒めを受けた者(仏の弟子になった事)をあらわす名前です。

本来の戒名はどんな身分の人でも二文字で、仏の世界では平等であることが表現されています。

また、宗教によって戒名は、法名・法号などと呼ばれます。

 

本来は、戒名・法名・法号について戒名は戒律を守り仏道修行に入った出家した者だけに贈られるものでした。

しかし、現代の一般人には修行に入るのは現実的に厳しすぎて、殆どいただけない環境です。

その為、亡くなった後に名前をもらい(没後作僧)佛弟子として生まれ変わって欲しい為に戒名を付ける様になりました。

ちなみに、葬式は戒名を付ける為の儀式と言われています。

 

 

清水

 

戒名はとても長い言葉に見えますが実は、

戒名や法名・法号は二文字で表されています。

仏の世界は平等であることが表現される為、身分の高い人でも二文字になります。

その他にある文字は、「院号」・「道号」・「位号」で成り立っています。

色々な宗教・宗派によって異なりを見せます。

先程の戒名の平等とは違い、一般的には字数が多い方が格が上とされています。

 

 

ここから「院号」・「道号」・「位号」の簡単な説明をします。

院号・院殿号とは

生前に寺院関係に尽くした方や社会的に高い貢献を納めた方に付けられるものです。

最もランクが高いのが院号です。

元々、皇族関係しか付けられなかったものです。

ただし、近年では院殿号の方が地位は高く思われがちです。

 

道号とは

各宗教によって異なりますが、字(あざな)にあたるものです。

生前の宗教活動によって字数は異なります。

 

位号とは

性別・年齢などによって違いがあります。

 

現在では、本来の意味とは異なり

上記の4つをまとめたものを戒名と呼ばれています。

 

そして、明治以降では上記の戒名と呼ばれるものの字数が多い事が

生前に徳を残した方と位置づけられていたので

多額のお布施を払い字数を多くして、徳が深い文字をお願いする人が増えました。

 

 

本来、戒名の字数の長さはお寺さんとの関係性で作られるものですが、上記の方が多くなりお布施の意味合いが変わり、不透明感が漂うものになってしまっています。

色々な宗教で寄付という形でお金を支払っています。

現在では、お寺側も公にしていませんが

お布施の相場があります。

 

戒名については、各宗教や宗派によって詳細は異なります。

このページだけではとても紹介や説明は出来ません。

戒名について住職さんなどに聞く事は禁じられておりませんので、

詳細については各宗教や宗派の方に聞かれるのが一番です。

 

花骨は供養の多様化を望んでいますので

葬儀・供養などを色々な角度から解説をさせていただいております。

今後もこの業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

http://www.kacotsu.ne.jp 

 

お寺の画像