HOME>記事一覧>信楽焼

信楽焼

花骨が信楽焼について調べた事を難しい専門用語だけではなく

一般用語を用いて分かりやすく記載してます。

 

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

 

信楽焼とは

 

日本六古窯のひとつとなります。

信楽焼の窯場

 

 

滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる陶器で、日本六古窯のひとつに数えられております。

 

日本六古窯は中世六古窯のことで、近年の研究では中世二十数窯とも言われおり貴重な窯場の産地になります。

 

歴史がある洗練された技術製法で瓦を焼いたのが発祥とされています。

 

天平14年(742年)、聖武天皇の紫香楽宮造営にあたり瓦を焼いたのが発祥とされており、

鎌倉時代中期から、穴窯によって本格的陶器が焼かれるようになり、

室町・桃山時代には、茶道の発展と共に、茶器の生産も盛んになりました。

 

江戸時代には、登り窯が登場し大物陶器が焼かれ、

水壺、ミソ壺、日用品が多く作られました。

 

明治時代になると神仏具などの小物も焼かれ、火鉢の生産は昭和30年頃まで主力製品として全国に供給されました。

 

 

良質の陶土

 

信楽付近は丘陵から良質の陶土がでる土地柄なので、良質な陶器が生み出されます。

 

土と炎が織りなす芸術

 

伝統的な信楽焼の特徴は信楽特有の土味を発揮し、

温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいが特徴で、

土と炎が織りなす芸術として“わびさび”の趣を今に伝えております。

また土も粘りがあり、柔軟で細工しやすく、使用しやすい土と言われております。

 

 

信楽焼でもっとも有名な陶器の形は「たぬき」です。

 

駅前には、大きなたぬきの陶器がありますので

是非見て下さい。

たぬきの置き物

 

 

花骨は供養の多様化を望んでいますので

 

陶器・風習・葬儀・供養などを色々な角度から解説をさせていただいております。

 

今後もこの業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

 

http://www.kacotsu.ne.jp

 

 

たぬきまめの花