HOME>記事一覧>精進料理

精進料理

花骨が精進料理(しょうじんりょうり)について調べた事を

難しい専門用語だけではなく一般用語を用いて分かりやすく記載します。

 

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

 

 

精進料理とは、

仏教では殺生が禁じられておりますので肉食が禁止されていますので、

(ただし、宗教や宗派によって異なります。)

野菜や豆類、穀類を工夫して調理した料理になります。

 

また、古来では一般の方達でも葬儀から忌明け49日までは精進料理を食していました。

 

ご法事のリンクも参考にして下さい。

http://kacotsu.ne.jp/kakotsuinfo/2014/08/15/1-33/

 

枝豆

 

この事でご理解出来る様に、仏教徒の料理のため

タイ・ミャンマー・中国など海外における精進料理は、
とても深い内容となりますので割愛させてもらいます。

 

日本では仏教が伝来した時に精進料理は始まりましたが、

全国に普及し始めたのは、鎌倉時代からとされています。

そして、室町時代から江戸時代にかけて急速に発展しました。

 

現代では、お寺の近くの料理屋さんや

お寺に宿泊すると食べれます。

また、ベジタリアンが多くなってきてますので
今後も精進料理屋さんは多くなると予想されます。

 

 

余談ではありますが、懐石料理は精進料理が派生したものと言われています。

現代では二つの料理を比べると差が違い過ぎますね。

 

 

上記にも記載しましたが、

49日の忌明けに精進料理から通常に料理を戻す事を

精進落とし (しょうじんおとし)と言います。

また、精進明け、精進上げとも言います。

 

しかし、日々忙しい現代では

火葬場から戻った後に行う初七日法要の際や

火葬中にこの精進落としを行う所もあります。

 

湯豆腐

 

 

 

花骨は供養の多様化を望んでいますので

風習・葬儀・供養などを色々な角度から解説をさせていただいております。

今後もこの業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

 

http://www.kacotsu.ne.jp