鯨幕

花骨が鯨幕(くじらまく)について調べた事を

 

難しい専門用語だけではなく一般用語を用いて分かりやすく記載します。

 

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

 

鯨幕とは、黒と白の縦縞の幕を言います。

地方によっては、蘇幕と書く所もあります。

 

名前の由来は、そのままのとおりで

鯨の体が黒と白の色であることによります。

 

鯨の色

 

 

一般的に良く見られる場所は、通夜や葬式などの弔事などです。

ただ、昔から日本では白色を弔事や慶事に関係なく使用していたので

古来の行事を行っている地域や神社では慶事の時でも使用する場合があります。


 

 

 

昔から弔事は白色を使用していたのですが、

明治頃に西洋からの文化で黒色も葬儀に使用する事を知り、

昭和初期に葬儀業者が鯨幕を考案して現在に至ります。

 

補足になりますが、

神社や皇室では、慶事に鯨幕を使用し、

弔事に浅葱幕(あさぎまく)を使用しています。

 

浅葱幕(浅黄とも混合している所もあります。)とは、青白幕とも呼ばれ

これも呼び名の通り薄い青色と白色の縦縞の幕です。

地鎮祭・新年祝賀の儀などに使用する事が多いですが、

地方によっては、葬儀で使用する所もあります。

 

浅葱色の蝶蝶

 

花骨は供養の多様化を望んでいますので

 

風習・葬儀・供養などを色々な角度から解説をさせていただいております。

 

今後もこの業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

 

 

http://www.kacotsu.ne.jp