HOME>記事一覧>ハロウィン

ハロウィン

花骨がハロウィンについて

お祭りの観点からでは無く、文化・風習の観点から調べた事を

難しい専門用語だけではなく一般用語を用いて分かりやすく記載します。

 

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

 

ハロウィンのジャック・オー・ランタン

 

 

ハロウィンまたはハロウィーンは、

古代からの行事が宗教や人種によって変化しました。

 

一番の有力な意味合いは、秋の収穫祭とされています。
古代ケルト人の起源とされています。

(古代ケルト人→古代ローマ→キリスト教)

 

他では、簡単に言うと日本でいうお盆です。

死者の霊が親族を訪れる事は日本のお盆と同じですが、
日本の意味合いが少し違う所は、
悪霊を追い出す事も含まれています。

 

毎年10月31日~11月2日の間の行事です。

 

古代ケルト人は、1年の終わりを10月31日に定めていました。

日本で言えば、お正月です。

 

11月1日がAll Hallow’sでキリスト教の万聖節になり、

31日はハロウィンイブとされ、語源のHallowとevening略してeenです。

その前日に祝う事が多いので短縮されてHalloweenとされたのが有力な説です。

勿論、他にもイギリスなどに色々な説があります。

恋人や結婚成就の願い込める説も有ります。

 

ハロウィングッズ

 

ハロウィンパレードを日本で初めて実施したのが原宿キティーランドと言われています。

今でも、原宿表参道や六本木付近では盛大なイベントを行っています。

 

他にも色々な地域で仮装パーティーを行っておりますが

仮装をする意味は、死者や魔物に魂をとられたくないために、
魔物の格好をして防ぐ為です。

今では、とても楽しい仮装パーティーになっていますね。

 

仮装イベントの他にも子供達が、

Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)と言いながら
お菓子をねだるのは、本来の意味合いは祭り用の食料を
もらって歩いた農民の様子を真似た物ですが
、いたずらされたくないのであげている方が現代では定着されています。

 

仮装している子供達が街を練り歩くのは、とても可愛いですね。

 

 

玄関などに飾られているカボチャの中身をくりぬいて
「ジャック・オー・ランタン」
を作って飾っているお家を最近は多く見受けられます。

その由来は、昔、ジャックという老人が悪霊ともめ事を起こし、
ジャックの霊は、天国にも地獄にも行けずこの世とあの世を
今でもウロウロしています。
その道を照らす為に作られた物です。
(お話の当初は、カブでランプを作っていましたが、
アメリカにはカブの文化無いので、
カボチャに変わってしまいました。)

 

また、リンゴを使って遊ぶイベントもありますが、
リンゴを使用しているのは収穫祭を行っていた時に
収穫していたのがリンゴだった為です。

 

 

 

このハロウィンのイベントは、とても人気が出てきて

今ではクリスマスの次ぐらいに人気があるイベントになってますね。

皆様も楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ハロウィンの犬

 

花骨は供養の多様化を望んでいますので

 

風習・葬儀・供養などを色々な角度から解説をさせていただいております。

 

今後もこの業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

 

http://www.kacotsu.ne.jp