HOME>記事一覧>お墓の掃除
夜のお寺

お墓の掃除

夜のお寺

 

先日、NPO法人終活サポートセンターの水上理事の講義にて

お墓の掃除について勉強してきました。

http://syukatsu-support.or.jp

 

 

花骨が、一般用語を用いて分かりやすく記載します。

年末の大掃除にでも役に立ててもらえれば幸いです。

 

先ずは、お墓を綺麗に長く保つコツです。

 

1,必ず1年に一度のお掃除をする。

2,金属たわしは使用しない。

3,彫刻、字彫り箇所には歯ブラシを使わず、小筆がオススメ。

 

 

また、夏の日差しの強い日やお線香が大量に入っているなど
墓石が熱している状態の時は水を掛けないで下さい。

ヒビ割れの原因になります。

その為、お墓のお掃除は午前中をオススメします。

 

墓地の街路樹

 

 

そして、10年ごとに業者さんへクリーニングをお薦めします。

平均費用は7万円ぐらいですが、劣化をくい止めてくれます。

 

 

最後に、お墓の維持のご相談で例を紹介します。

 

充分な掃除が出来ない →お掃除代行やクリーニングを業者に委託する。

遠くて管理不可能   →改葬(お墓の引越し)都内にも納骨堂などの                    安価なお墓が有ります。

 

お骨が一杯      →33回忌を過ぎたお骨は弔い上げを検討する。                   その際に、弊社の手元供養をお薦めします。
お部屋に置けて、インテリアとしてもご利用出来ます。

 

心繋のインテリアイメージ

 

 

花骨は、供養の多様化を望んでおりますので

 

風習・葬儀・伝統行事などを色々な角度から解説しております。

 

 

今後も、この業界で不明な点や分かり難い点を解説し

 

皆様が供養の多様化について理解を示してもらえる様に努めます。

 

 

http://www.kacotsu.ne.jp