HOME>記事一覧>節分&恵方巻き
mamemaki

節分&恵方巻き

こんばんは。花骨の高野です。

今日は、2月3日で「節分」を行い「恵方巻き」の海苔巻きを食べると

縁起が良いとされている日です。

これから、事務所で豆を撒いて恵方巻きを食べたいと思います。

 

節分と恵方巻きの画像

 

節分と恵方巻きの簡単に説明をしたいと思います。

節分

厄よけの行事ごとであり
「鬼は外」「福は内」と叫びながら豆を撒き厄よけを行う。

そして、年の数と同じの豆を食べる。
(年々、豆を食べる量が増えていき、辛いです・・・)

年の数より1つ多く食べると、身体が強くなると言われ
風邪を引き難くなるそうです。

 

節分の豆撒き

 

恵方巻き

その年の恵方に向かって食べると縁起が良いとされています。

目を閉じて願い事を思い浮かべて
一本丸ごとのり巻き寿司を食べて下さい。

何故、一本丸ごと太巻きを食べるのかというと
縁を切らないという意味合いがあります。

この恵方巻きは関西地方が発祥の地ですので
関東出身の私は余り馴染みが無く、数年前から始めました。

今年は色々な意味で縁を招き入れたいので
しっかり願い事を思い浮かべて食べます。

 

恵方巻きの太巻き寿司

 

2月は、バレンタインデーも良いと思いますが、

日本の伝統文化でもある

「節分」・「恵方巻き」を皆でやると楽しいですね。

お薦めします!

 

 

梅の木

 

 

花骨は供養の多様化を望んでいます。

風習・葬儀・供養などを色々な角度から解説をさせていただいております。

今後も、この業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

http://www.kacotsu.ne.jp