kokuuameagari

穀雨

花骨が穀雨について難しい専門用語だけではなく

一般用語を用いて分かりやすく解説します。

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

 

穀雨とは、春の雨が降り始めて、穀物を潤すという意味です。
二十四節気の1つです。

 

kokuu

 

 

昔から農家の人々はこの時期に合わせて田んぼの準備をして、

穀物に欠かせない恵みの雨が多くなり種まきをします。

 

kokuu tanemaki

 

 

また、余談ではありますが、

南の地方の人々は、気温が安定して冬物の服や暖房等を終います。

 

今年の穀雨は4月20日となり

東京は、丁度雨が降っていますので穀雨そのものですね。

 

kokuuameagari

 

 

花骨は供養の多様化を望んでいますので

葬儀・供養・風習などを
色々な角度から解説をさせていただいております。

今後もこの業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

http://www.kacotsu.ne.jp