HOME>記事一覧>端午の節句
kabutoyorio

端午の節句

花骨が端午の節句について難しい専門用語だけではなく

一般用語を用いて分かりやすく解説します。

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

 

5月5日は「端午の節句」または「しょうぶの節句」と呼ばれて
五節句の1つとなります。

 

kabutoyorio

 

「しょうぶの節句」と呼ばれる所以は、

元々は、強い香気で厄をはらう菖蒲やよもぎを家につるす

または、菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。

 

 

 

端午の節句の菖蒲湯

 

 

江戸時代以降は、花の「菖蒲」を「尚武(しょうぶ)」という言葉にかけて、

勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う

「尚武の節句」と呼ばれ男子の節句とされてきました。

 

身を守ることを意味する「鎧」や「兜」を飾り、

交通事故や病気から大切な子供を守る願いを込めます。

 

また、「こいのぼり」を立てて男子の成長や立身出世を願ってお祝いをします。

 

 

 

koinobori

 

 

初節句(男の子が生まれて初めての節句)には「ちまき」を食べて

2年目からは、新しい芽がでるまで古い葉を落とさないので

「家督が途絶えない」縁起物として「かしわもち」を食べます。

 

端午の節句の柏餅

 

花骨は供養の多様化を望んでいますので

葬儀・供養・風習などを
色々な角度から解説をさせていただいております。

今後もこの業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

http://www.kacotsu.ne.jp