rika kaeru

立夏

花骨が立夏について難しい専門用語だけではなく

一般用語を用いて分かりやすく解説します。

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

 

 

立夏とは

 

春分と夏至のちょうど真ん中にあたり

夏の雰囲気を感じられる時期です。

 

rika aozora

 

 

昼と夜の長短を基準に季節の分けると、今日(立夏)から立秋までが夏となります。

 

先日、記載しました穀雨から数えて15日目頃です。

http://kacotsu.ne.jp/kakotsuinfo/2015/04/20/kokuu/

木々や草木が成長して、蛙が鳴き始めるころとなります。

 

rika kaeru

 

 

また、全国各地で農作業に変化が見られてきます。

 

九州地方では、麦などが穂を出して、北海道地方では豆などの種まきが始まります。

 

梅雨の時期までは、

日差しがあり暖かい気温の中で涼しい風が吹く季節なので

過ごし易い時期でもあります。

 

rika shinyoku

 

 

花骨は供養の多様化を望んでいますので

葬儀・供養・風習などを
色々な角度から解説をさせていただいております。

今後もこの業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

http://www.kacotsu.ne.jp