boushu denen

芒種

花骨が、芒種(ぼうしゅ)について難しい専門用語だけではなく

一般用語を用いて分かりやすく解説します。

何かの役に立ててもらえれば幸いです。

 

 

boushu taue

 

 

芒種(ぼうしゅ)は、二十四節気の第9となります。

由来は、

古来、この時期に芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など
穂の出る穀物の種をまく季節からです。

いわゆる、田植えをして「種まき」のことを意味しています。

 

 

boushu denen

 

 

現在では、品質改良や生産方法の違いにより

種まきの時期はこの時期よりも早く行います。

 

また、昔ではこの時期に日本各地で

農作のお祭りが多くありましたが、天候を配慮して5月に繰り上げたお祭りが多いです。

 

 

boushu omaturi

 

 

花骨は供養の多様化を望んでいますので

葬儀・供養・風習などを
色々な角度から解説をさせていただいております。

今後もこの業界で不明な点や分かり難い点を解説していきます。

http://www.kacotsu.ne.jp